Yildiz Bau – ユーモアと繊細さを兼ね備えた生来のメートル

Yildiz Bauのパッションとは?それはゲストであるあなたが、くつろいで下さること、ただそれだけ。

ChristianとYildiz Bauのふたりの出会いは、Achernでの修業時代にさかのぼります。まさに それは運命の出会いでした。同志という言葉が決して大げさではないほどです。このふた りが美食業界やゲストをおもてなすという事にかける熱い情熱は、これ以上なく共通して いたのです。Christian Bauがキッチンで成す偉業はYildiz Bauが店内のサービス面でのそれ に呼応します。仕事と家庭の両立は二人は協力して仕事と家庭の両立をしています。

 

Victor’s Fine Dining by Christian Bauのメートルとして、彼女はいつも愛情と情熱をもって 働いています。Yildiz Bauの世界に作り笑いや空元気などは存在せず、彼女の行動のすべて が本当に心の底から来ていることは、あなたにもすぐにわかることでしょう。 お客様の一人ひとりとこの上ないほど真摯に向き合うのです。彼女の多くの経験によって 研ぎ澄まされた直観により、ゲストが感じていること、あるいは必要としているものが手 に取るようにわかるのです。なぜならYildiz Bauもまた、皆様をおもてなしする生粋のホス テスであるからです。Yildiz Bauがゲストのテーブルで一緒に談笑している光景を目にする のも決してまれではありません。ひとたびYildiz Bauに出会った人には、2015年に彼女がド イツの最優秀サービス長を受賞したことが、ごく当たり前に理解できることでしょう。

最高の褒め言葉は再びご来店頂くこと

ゲストに対する直感と本能は愛すべきVictor’s Fine Diningのサービスチームの基盤でもあ ります。なにかご質問でしょうか?どうぞ承ります。Yildiz Bauとそのサービススタッフは あなたにお運びするものを知り尽くしていますし、またどうすればそれを一番喜んでお召 し上がりいただけるかも常に考えているのです。

 

オーナーシェフChristian Bauの伴侶である彼女にとってもまた、贅沢と優雅であることと テーブルクロスやネクタイとはなんら関係ありません。フレンドリーでリラックスしたカ ジュアルな雰囲気は、Yildiz Bauにとってもっとも重要なアスペクトなのです。最高の褒め 言葉ですか?お食事をなさったお客様がお帰りの際に笑顔でお店を後にして、そしてまた 喜んでご来店くださること以上に誇らしいことはありません!

略歴

  • 1971年3月10日 イスタンブール生まれ
  • 1998年-1991年 Achernのホテル『Götz Sonne Eintracht』

  • 1991年 Sasbachwaldenのホテルレストラン『Talmühle』

  • 1992年 Achernのホテル『Götz Sonne Eintracht』

  • 1992年 Offenburgのレストラン『Le Canard』
  • 1993年-1994年 Baden-Baden- Neuweierのホテルレストラン『Alde Gott』

  • 1994年-1998年 Traube Tonbachホテルレストラン『Schwarzwaldstube』
  • 1998年4月より現在 Perl-Nennig『Victor’s Fine Dining by Christian Bau』メートル。2人の娘の母。受賞歴

受賞歴

  • 2006年 レストラン協会(L’Art de Vivre)サービス部門大賞
  •  2015年 ドイツCHEF-SACHEによるサービス部門最上級賞(Mrs. Feel Good)